Topページへ
登山日記のメニューページへ


鰐塚山 (宮崎県田野町)

平成15年(2003年)10月



 鰐塚山に最初に登ったのは昭和35年、中学生の頃の学年遠足でした。 南宮崎駅から田野駅まで列車に乗って行きました。 田野駅から鰐塚山頂までは歩いて3時間以上かかっていたと思う。 山頂までは自動車道もあるので、鰐塚山の登山の方法としては

 (1)行きも帰りも徒歩で登山道を行く本当の登山コース
 (2)登りは登山道を登り、下りは自動車道を歩くコース。
 (3)行きも帰りも自動車道を歩くコース
    があると思います。
  山頂まで自動車での行楽で来ている人の方が多いようです。山頂には雨水利用の水洗トイレも完備されています。

写真
 最初に登った中学生の頃の登山の時の登山口は、今はもう使われなくなっています。 この古い登山道から登ったのは3回くらいです。現在の登山口は「わにつか渓谷」の「いこいの広場」からの登山道になっています。 登山口の駐車場には30台くらいは駐車できます。キャンプ場も近くにあります。
登山口から山頂までは2600mあります。健脚で日頃から足腰を鍛えている人なら、2時間で登れますが、私は2時間半かかりました。 登りはじめは体がきつくてきつくて・・・吐き気が出てしまってやっとのことで登りました。
山頂までは自動車道も通っているので、行楽客も結構多いようです。 山頂にはNHKや民放のテレビ送信やFM放送、各種のデータ通信の中継施設など10基以上もの大型アンテナが林立しています。 山頂には「避難小屋」みたいな丸いドームがあります。寒さがひどい時には役に立ちそうです。

写真
 山頂のアンテナ群は宮崎市郡をはじめとした県央や日南・串間などの県南、小林・えびのなどの 県西など県内の約30万世帯にテレビやFM放送の電波を送信しています。
山頂での昼食の後、10分くらいコンクリートのベンチで昼寝をしたあと、しばらく休憩を兼ねてあちこちの塔の前で写真を撮りました。
山頂には1時間くらいいました。足がきついので自動車を下りて楽をしようかなとも思いましたが、 「歩かなきゃ登山ではない!」と思い同じ登山道を下山開始!この判断が大変なことになってしまった。

写真
 「下りは登りよりも楽だ!」という気持ちで急ぎ足で下りたのがいけなかったようだ。 ひざが痛くなってやっとのことで登山口までたどり着きました。「半年ぶりの登山」がいけなかったようだ。 「自分の年令や日頃の体調も考えなくてはいけない」ということに痛感させられた登山でした。

写真
左の写真は田野町の「わにつか渓谷いこいの広場」の案内板です。
キャンプ場や研修施設は1年中営業しています。テント持ち込みもできるようです。

Topページへ
登山日記Topページへ